坂の上の雲をさがして

長すぎて 僕の体に 秋の風 ~児玉源太郎、晩年の一句~ 「坂の上の雲」を読んで以来、児玉源太郎に惹かれました。色々と。自分なりに、児玉源太郎について(語るより描けの精神になりつつありますが)語りとうございます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

児玉源太郎の孫が語る、祖父の死について

先日読んだ文芸春秋12月臨時増刊号『坂の上の雲』と司馬遼太郎の中に、児玉大将のお孫さんにあたられる、穂積重行さんという方のお話が載っていました。

穂積重行さんは某大学の教授と学長をなさった方で、児玉源太郎の次女仲子さんのご長男です。

児玉大将が晩年にしたためた句で、ブログトップにもありますが

『長すぎて 僕の体に 秋の風』

この一句をしるした短冊が、ご長男である秀雄さんから、次女の仲子さんに託されたのですが、大東亜戦争の戦災で焼失してしまったことを、母である仲子さんはずっと悔やんでいた、と語っておられました。

五十四歳で児玉大将は逝去されたわけですから、穂積教授ご自身は、祖父を直接知ることはなく、その代わり児玉大将の姉である久子大伯母を、”小さいお祖母ちゃん”と呼んでずいぶんと慕っておられたそうです。実の祖母である松子さんは”大きいお祖母ちゃん”と呼んで、子供時代を送ったことを語られております。(教授いわく体格の差、とのこと)

この話は穂積教授が母・仲子さんから聞いた話ということです。ここから先は次女仲子さんの体験したはなしになります。

児玉大将がなくなった日、伯母の久子さんと当時十六歳だった仲子さんは恒例の鎌倉への避暑へ出かけており、児玉大将も「後から行くよ」と言っておられたそうです。

それが七月二十四日の朝に『児玉大将急逝』の号外が出て、「父に限ってまさか」というのがまず出たおもいで、その頃ちょうど桂太郎も体調が芳しくなく、聞き間違いでは?と言っていたところ、ともかく帰宅となり、帰路の列車内などでの話や新聞の見出しに、ああ、本当に亡くなってしまわれたのかしら、と感じたそうです。

自宅に帰って、母の松子さんが長い髪を落としているのをみて、実感が沸いたとおっしゃっていました。

児玉大将のなきがらを守るために、家族でかわるがわる席についていたとき、伯母の久子さんと仲子さんが二人きりで席についた時がありました。そのとき、久子伯母が枕頭にすわって、父・源太郎のあたまを撫でながら、

「おまえは、いい時に死んだ」

と、ぽつんと語りかけるようにひと言呟いたそうです。その一度きりで、仲子さん以外ほかのご兄弟は誰も聞いていない言葉だといいます。穂積教授は『幼い母の手前、つい本音めいたものが出てしまったのでは』と書いておられました。

久子さんといえば、父・半九郎の憤死と夫である次郎彦の暗殺と、幕末維新の烈風を感じて生きてきた女性であるうえに、年の離れた弟である児玉大将の母親代わりで、その立身と―おそらく苦労も見続けてきただけに、このひと言は何か強烈なものがありました。記事を読んだとき言い知れぬ衝撃をおぼえました。

児玉大将は俳句などの雅趣には余り秀でておられなかったそうですが、あの晩年にしるした一句はどこか深いものが含まれているようだ、と穂積教授が記事に書いておられます。
この久子さんのひと言を照らし合わせると、何か納得してしまうものがあるというか…。ものすごく考えさせられます。

古川薫さんの著書、『天辺の椅子』なども、もう一度じっくり読んでみようとおもいます。
スポンサーサイト

| 児玉源太郎:逸話 | 20:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

児玉源太郎の逸話~栗鼠将軍は変人である~

児玉大将の体格は矮小な方であったが、その代わりすこぶる健脚家であった。
大将自身も健脚は自慢で、大抵は徒歩をきめておられ、日露の大戦争の折り、他の将軍が舌を巻くほど戦地を駆けまわったことはもとより、かつて内務大臣の椅子についた当時などは、他の大臣たちが揚々として馬車を駆るのに反して、児玉大将のみは近いところへゆくときなど、例のテクテク歩きであった。

それからまた、大将は船自慢でどんな大風波に遭っても平気なものであったそうな。
台湾総督時代に、幕僚をつれて澎湖島へ出かけたことがあるが、折悪しく途中で風が起こり、乗船は風浪の為に翻弄されて今にも転覆せんばかりの有様。

乗組み一同、青くなって生きた心地もなかったが、大将のみは元気のいいこと平時とかわらず、時刻が来ると他の者が船酔いに苦しんでいるなか、ひとりでいつものように食堂へ出ていって、健啖少しも衰えなかったそうな。

それで青くなっている幕僚たちにむかって何を言ったかといえば、

「君らが食べないから、おれが余計にご馳走にあずかれた。四人前は食ったかな」

などと冗談を言って笑っていたそうな。

幕僚たちはそののち、少し酔いがおさまったところで、以前日本から台湾へ渡航したときもこんなひどい風浪であったが、大将は一向に平気な顔をしておられた。ドウも大将は我々と体のつくりが異なっているのではあるまいか、しかしソウであってもこれは常人ではなかろう、我々が常態であって大将は特別変わっておられる、と悔しさもあいまって零したことがあるそうな。

にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ
にほんブログ村

| 児玉源太郎:逸話 | 10:31 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

児玉源太郎の逸話~栗鼠将軍、大隈伯を凹ます~

児玉大将が桂内閣で陸軍大臣か内務大臣を務めていたときの逸話。

ある日、何か重大な問題に関して、元老、閣僚たちが宮中に集まったことがある。
そのとき、大隈重信伯爵も列席していたが、大隈伯はその広長舌を振るって、
一座の松方正義伯、桂太郎伯を罵って、その舌端は座中の児玉大将に及んだ。
大隈伯はその最後に大将に向かい、揶揄して
「しかし君のような敏腕家は得易いものではない。実に後世、恐るべしである」
と言うと、児玉将軍は大隈伯の舌鉾を軽く受け流して
「もう後世でもありません、この通りです」
と、自身の禿頭を指さしたので、とたんに一座は大笑いになってしまった。
これにはさすがの大隈伯の議論も腰を折られてしまったそうな。

『明41・10刊児玉大将伝』より
(※以下独り言。これも結構好きな逸話。ほんとにもう、怖いもの知らずというか…。でも可愛い(*´ー`)

↓ぜひポチッと押してくださいませ(*´ー`)
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ

| 児玉源太郎:逸話 | 20:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

児玉源太郎の逸話~当意即妙な栗鼠将軍~

児玉大将の奇言、放言ともとれる応対は、談論新聞記者の苦手と言われたほどであったそうな。
記者に対する大将の当意即妙な答えに、いつも肝心な部分が煙に巻かれるといった塩梅。

それというのも、内外の新聞記者が大将と面白く話を交わして帰ってから考えてみると、
聞き出そうとした記事の取材はちっとも取れておらず、かえってこちらの知っているだけのことを喋ってきたというオチを取ることはそのたびごとで、世界に名だたる遠来の新聞記者なども児玉大将の『偉さ加減』にはほとんど呆れきっていた。

日露戦争前、ある記者が児玉大将に向かって開戦の急を説いたとき、大将はそれに答えて
「なーに、朝鮮などはロシアにやってしまうがよい、愚図愚図言うことはないさ」
と、すました顔でいる。
大将の新聞記者に対するやり口は常にこんな具合である。

現に児玉大将が総参謀長の任にあるとき奉天から帰国した際、ある記者が
「新聞記者をはじめ、その他の視察員の制限があまりに厳しいじゃありませんか」
と質したところが
「君らの目から見ると連戦連勝で、楽な戦のように思うかしれんが、俺から言えば、今占領した地点も、何時逆襲を受けて取り返されるかしれないので、昼夜その準備を整えているのだ。その真っ最中に素人に無闇に入られては堪るものじゃない」
と答えが返ってきたので、その記者も返す言葉がなかったそうな。

『明41・10刊児玉大将伝』より
(※以下独り言。軽口で笑わすときは笑わす、煙に巻くときは巻く、言うときは言う。やっぱり児玉大将のあの性格があるからこそ、生きる作戦(?)なのかもしれない)

↓ぜひポチッと押してくださいませ(*´ー`)
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ

| 児玉源太郎:逸話 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

児玉源太郎の逸話~如才なき栗鼠将軍~

如才のないと言えば、実際児玉大将は如才のない人であった。
それはというと、『人の肺腑を射る底の諷刺に富む』如才のない人であったそうな。

明治13年・4月、児玉大将は佐倉の連隊長として赴任したが、もののひと月も経つか経たないかのある日、部下の将校らに向かって
「君たちの渾名を、兵卒らは何と言っているのだ」
と、将校らはこの奇妙な質問に驚き、そのために返答をするにも困っているところ、児玉大将は呵々大笑し、
「俺のことを木鼠と付けている君たちにも、必ず相当の渾名がついているだろう」
と、やったそうな。

これも、児玉大将が佐倉営所の司令官として赴任していた時の話。
一夜、部下将校団の宴に招かれて行ったところ、酒席に座す女性のことごとくが、清楚に丸髷を結い、服装は紋付の装いである。さて、これは将校らの家族であるな、と大将きちんと膝を正し、応接丁寧、その振る舞いは良家の誼みを訂した。
ところが、後で当夜の女性はことごとく芸妓が変装したものとわかり、児玉大将は失笑を浮かべそうになるのを堪えて、部下の将校をわざとらしく睨みつけて
「酷いぞ、何にも知らんと思って、よく一杯俺に食わせおった」
とやったそうな。

『明41・10刊児玉大将伝より』
(※以下独り言。いや、これは不覚にも可愛いと言わざるを得ない。下の逸話は、上の逸話繋がりで将校たちの仕返しなのだろうか??6百円帳消しの逸話がこの連隊長時代にあったから、児玉大将の遊びっぷりを知っていた部下たちが、それを逆手にとって悪戯したのかな。と、勝手に裏を読んでニヤニヤ(*´ー`)

↓ぜひポチッと押してくださいませ(*´ー`)
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ

| 児玉源太郎:逸話 | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。