坂の上の雲をさがして

長すぎて 僕の体に 秋の風 ~児玉源太郎、晩年の一句~ 「坂の上の雲」を読んで以来、児玉源太郎に惹かれました。色々と。自分なりに、児玉源太郎について(語るより描けの精神になりつつありますが)語りとうございます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

海軍記念日~本日天気晴朗ナレドモ…!!ヽ(`Д´)ノ~其の2

海軍記念日に来艦


満艦飾の記念艦三笠

本日天気晴朗なれども…


今日は『親友宛てに、横須賀郵便局から三笠の絵葉書を送ろう』作戦を立てていたので、真っ先に売店へ直行しました。あの有名な『日本海海戦に於ける三笠艦橋の図』があったので、これに決定。
一通り回って、三笠の休憩室で書きましたとも。

しかしあれですよ、物申したいのは『東郷元帥展』!
汐入駅に貼ってあったポスターはすごくカッコよかったのに、なんですか。

あの展示はないわー。ちょっとおざなり過ぎないかい?

例えば、東郷元帥佩用の軍刀。
ちょっと!去年はちゃんと『一文字吉房』って書いてあったのに、ない!
例えば、東郷元帥直筆の書。
掛け軸一幅の横幅が、あっても三~四十糎。それで展示のスペースが百八十糎ほど。
そこにガラスの扉が、六十糎くらいのが三枚嵌っているわけですよ。そのガラスにも細い枠が嵌っていてですね、せっかくの元帥の書が、その枠でぶった切られているという有様。見苦しくて、ちょっとゲンナリ。
せめて書が綺麗にみえるように、レイアウトしなおしてください。あのスペース内なら、全然修正ききますよ。

しかも記念式典で、艦内までバタバタしていて全然落ち着いて観られませんでした。展示がある中甲板までバタバタと関係者や従業員がいったり来たり。
そういう用事は下甲板で済ませられないのかいっ、とツッコミを入れたくなりました。
演奏会が午後二時半からということで、わたしはそんな時間まで居られないので退散しましたが。軍艦行進曲だけは、生で聴きたかったけど…。講堂の外で覗き見してたら、君が代が流れてきて久々に聴けたのでよしとしました。記念式典って、三笠保存会会員じゃないと参加できないらしいです。ケチー。

というわけで、東郷元帥展は六月三十日まで開催しているそうなので、来月もう一回行けたら行く予定です。不完全燃焼すぎる。

でもいいものも。初代軍艦大和の模型を発見。去年もあったかもしれないけど、初見なのでつい激写。

初代軍艦大和

初代軍艦大和の詳細

あと、『東郷元帥を偲ぶ』という三十六分ほどの映画も上映していまして。これはものすっごく貴重な映像でした。

にほんブログ村 歴史ブログへ

| 坂の上の雲:関連事 | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kodama414.blog56.fc2.com/tb.php/126-4ac7ea8d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。