坂の上の雲をさがして

長すぎて 僕の体に 秋の風 ~児玉源太郎、晩年の一句~ 「坂の上の雲」を読んで以来、児玉源太郎に惹かれました。色々と。自分なりに、児玉源太郎について(語るより描けの精神になりつつありますが)語りとうございます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

江ノ島~鎌倉ぶらり旅・其の2

ええと、「また明日書きます」などと言っておきながら、疲れて寝てしまいました。
というわけで、続きです。

予報雨なのにこの晴れっぷり

天気予報では鎌倉市「曇り時々雨」だったのですが、思いっきり晴れました、ええ。
写真は134号線からみた相模湾です。ちょうど江ノ電の鎌倉高校前駅をすこし過ぎたあたりで撮りました。結局この天気は帰るまで続きました。親友が晴れ男なんですよねー、一緒にでかけて降ったためしがない気がする…!

今回は親友におまかせして、ぶらぶらとおすすめポイントに立ち寄ることにしまして。
腰越漁港をすぎて、134号線沿いに「小動神社」という水神さま・海神さまを五柱もおまつりしている神社に連れていってもらいました。ところで、読めます?「小動」(こゆるぎ)って読むんですよ。

海神のつどう神社

すごいんですよ、この神社。
祭神が、日本武尊(倭建命)、建速須佐之男命、建御名方神。
そのほかに、水神・海神とその併神をいれると…。

綿津見神、宇迦之御魂神、天宇受売命、猿田彦神、と枚挙に暇がありません。
その神々さまを祀る境内社として、海神社、稲荷神社、第六天社、琴平神社があるのですよー。

しかも、こんな石碑までありました。

小動神社、日露戦勝記念碑

やっぱり海の神様が祀られているだけあって、海軍が建立したのでしょうか。
意外な発見でした。

そもそもの歴史は古く、鎌倉時代に源頼朝に仕えた佐々木盛綱により、1185年、盛綱の領地である近江国から「八王子宮」を勧請したのがはじまりだそうです。
小動神社は、明治元年のいわゆる「神仏分離令」で地名をとって現在の「小動神社」になるまえは、「八王子社」または「八王子大権現」と呼ばれていたそうです。

幕末には台場(八王子山台場)が設置され川越藩・会津藩・長州藩などが沿岸の監視に携わったという地でもあります。

展望台もあって、かなりの絶景らしいのですが、いかんせん朝靄が晴れておらず海を一望できませんでした。

| 坂の上の雲:関連事 | 21:57 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして。

児玉大将は腰越に別荘をお持ちだったはずです。しかもそれは海に突き出した土地とのこと。となると、この小動神社の付近が児玉大将の別荘だったのではないかな?と思います。

江ノ島に児玉神社が祀られたのも、江ノ島を遠望する地に別荘を持ち、江ノ島を愛されていたからです。

| 藤園 | 2009/09/10 00:50 | URL | ≫ EDIT

訂正

勘違いをしていたみたいです。
児玉大将の別荘は長谷だったようです。
『こだま』という小冊子で再度確認してみました。

| 藤園 | 2009/09/10 08:34 | URL | ≫ EDIT

ご来訪ありがとうございます

こんにちは、藤園さま。

そうですね、児玉大将は長谷の坂ノ下というところに、別荘をお持ちでした。
この鎌倉ぶらり旅のときに、丁度坂ノ下をあるいて通ったので、134号線沿いから暫く海をながめて、「ああ、児玉大将もこの海をみていたのだろうなぁ」と感慨にふけったものです。

| よっこ | 2009/09/10 10:44 | URL | ≫ EDIT

よっこ様

児玉大将の件で間違えるとは恥ずかしい限りです。
私が児玉大将のことを知ったのは今から15年ほど前。まだ資料も『児玉大将伝』ぐらいしかなかったような覚えがありますが、ここに来て色々と児玉大将の本が出てうれしい限りです。
しかもこんなホームページまであるとは…

明日からは台北に行ってきます。
もちろん、台湾総督府、児玉大将が豪華すぎると評した総督公邸、児玉源太郎・後藤新平記念館などを訪ねてくる予定です。

これで、徳山児玉神社、熊本城、旅順と児玉大将が歩んだ主な土地、すべてを訪ねることになります。

| 藤園 | 2009/09/10 23:26 | URL | ≫ EDIT

いってらっしゃいませ

よいご旅行になることをお祈りしています。
台湾には、日本統治時代の建築物がいまも数多く残っているそうですね。

しかも、確か今は台湾国立博物館、という名称になっていますが、児玉・後藤記念館には、おふたりの銅像があって、大東亜戦争時に”出征”される運命にあったところ、台湾の方々が終戦まで隠しとおしたそうで、いまもその銅像は博物館に保管されているとのことです。
定期的に公開されているそうなので、ゆかれたときに見られるといいですね。

拙いブログですが、よろしければまたおこし下さい。

| よっこ | 2009/09/11 00:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kodama414.blog56.fc2.com/tb.php/131-1b8d4e09

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。