坂の上の雲をさがして

長すぎて 僕の体に 秋の風 ~児玉源太郎、晩年の一句~ 「坂の上の雲」を読んで以来、児玉源太郎に惹かれました。色々と。自分なりに、児玉源太郎について(語るより描けの精神になりつつありますが)語りとうございます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

謹賀新年・二〇〇九

あけましておめでとうございます

今年は年賀状を書かなかったので、ブログであいさつします。

児玉大将と、お孫さんの貞子嬢を描いてみました。
夜勤中に「お正月、ぜったい孫と羽子板とかやってる。うん、やってるに違いない!」
と、妄想しつつ帰宅したので、出来上がったのがこれです(*´ー`)

お孫さんへの溺愛ぶりは相当だったらしいですね。
長男の秀雄さんご夫妻が仕事で満州(だったかな)に赴任しなければならなくなったとき、児玉閣大将はお孫さんは自分が預かる!といって、実際そうしたとかいう話をどこかで読んだ記憶があります。

では、よいお年を。来年もよろしくおねがいします。
そしてすこしはやいですが、あけましておめでとうございます。
初詣は神奈川県江ノ島の児玉神社へ行って参ります。

| 遊んで描いてみた。 | 13:53 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

来る年も、よい年になりますように!

本年はいろいろとお世話になりました。
来年も宜しくお願い申上げます。
初詣プラン、お気をつけて行ってらっしゃいませ。
来る年も、よい年になりますように!

| kaiZer | 2008/12/31 15:44 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kodama414.blog56.fc2.com/tb.php/34-8b7acd0b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。