FC2ブログ

坂の上の雲をさがして

長すぎて 僕の体に 秋の風 ~児玉源太郎、晩年の一句~ 「坂の上の雲」を読んで以来、児玉源太郎に惹かれました。色々と。自分なりに、児玉源太郎について(語るより描けの精神になりつつありますが)語りとうございます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

すごく胸キュンな初詣・第五話(謎

これが問題のおみくじです

心の奥底からまことの道にかなったことをしていれば、本来は守護を祈願しなくてはならない対象であるはずの神は、祈らなくても守ってくださいます。(児玉神社の神主様に解釈をしていただきました)

もう胸キュン。はい、良心と信念と目標を見失なわずに邁進します!

これを読んだとき、ふと児玉大将から
「今年はもう、ほかのとこは行かんでええよ」
と言われたような気がしてならなくなり(激しく妄想)、あと行こうとしていた東郷神社、乃木神社ゆきはやめました。
これだけ胸にくるできごとを体験したら、充分に思えてきますって!

このあとは、友人の加護を祈るのに、お隣の江島神社にちょっとお参りしました。
江ノ島はネコがやたらいるという噂通り、一匹のネコに遭遇。濃灰色と白のぶちで、かわいいな~と思ってみていたら、ちょこちょこ寄ってきて、友人の膝にあがったきり、動く気配全くなし。

そのまま30分~1時間くらい、ネコと和みモードに。
さすがに二人ともお腹が空いたので、移動しようとすると、ネコが友人に甘えてしがみつき、離れてくれません。
しょうがないので階段下の屋台まで、抱っこして連れて行くことにしました。

つづく。

| 大事なことなので | 11:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kodama414.blog56.fc2.com/tb.php/40-d494d37f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。