FC2ブログ

坂の上の雲をさがして

長すぎて 僕の体に 秋の風 ~児玉源太郎、晩年の一句~ 「坂の上の雲」を読んで以来、児玉源太郎に惹かれました。色々と。自分なりに、児玉源太郎について(語るより描けの精神になりつつありますが)語りとうございます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

坂の上の雲(8)独断と偏見のレビュー入りで紹介してみる

坂の上の雲〈8〉 (文春文庫)坂の上の雲〈8〉 (文春文庫)
(1999/02)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


敵艦見ユトノ警報ニ接シ 聯合艦隊ハ直チニ出動、之ヲ撃滅セントス
本日天気晴朗ナレドモ浪高シ

失礼ながら、8巻はわくわくしながら読みました。
もうこの頃になるとアレコレと、明治時代や日露戦争に関することを調べはじめていたので、ある意味頭の中が大変な騒ぎでした(何)。

特に、旗艦・三笠が記念艦として横須賀に保存されているのを知ってしまったので、うずうずしながら読みましたよ(笑)

読了後、すぐ三笠に行ってきました。あの感動はきっと一生忘れません。
ひそかに、甥っ子が大きくなったら、三笠へ連れていこうと企んでいます♪
中学生か高校生になるころには「坂の上の雲」を進呈!読んでくれ!

そのころには、わたしも明治時代をしっかり語れるように、がんばって勉強しよう。

| 坂の上の雲:本の紹介・感想 | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kodama414.blog56.fc2.com/tb.php/61-b9ca9ede

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。